観劇と招待

 17日。午前中は洗濯など。正午にお昼を食べて外出。伊勢佐木町のThe CAVEへ。まず十年以上通っていた街のさらにほとんど毎日前を通っていたあんな場所にこんなスペースがあったころに驚く。まったく知らなかった。いくらなんでも鈍りすぎではないか。そこで武本拓也ソロ公演「正午に透きとおる」を観る。数ヶ月の観劇(劇?)。事前にほとんど情報を聞いてはいなかったけれど、予想していたものと同じであり、まったく違っていた。とても良かった。余韻のままに帰路。思うところは多い。夜は鶏を食べる。

 18日。朝に紅茶を飲まなかったせいか仕事中にものすごい眠気。まぶたが下りそうになる。

 19日。Yさん休み。仕事はまた眠い。夜はおじや。豆腐とワカメを入れて美味しい。

 20日。Y田さん休みのため社長と二人で作業。たいへんな仕事をやり終えてホッと一息。Yさん帰りにリハビリに寄るというので藤棚まで歩く。意外と近い。帰宅して確認したところ、エントリーしていた就職先に必要書類を提出しそびれていることが判明。諦め半分だけれど履歴書だけは書く。夜は厚焼き卵のはさまったサンドイッチを食べる。

 21日。早朝に起きて課題作文を執筆そして印刷。封筒に詰めて出社前に投函。一息。職場では前日にほとんど終日一緒に作業をしていた社長がインフルエンザだったことが判明。Yさんリハビリによると思ったら寄らないということだったけれどそのつもりで藤棚方面まで歩く。ハナマサで明日の食材など買う。商店街を歩いて帰る。帰宅していざメールを書こうと開くと、件の企業から見合わせメールが届いている。落胆。自業自得でしかない。夜はギョウザ。

 22日つまり昨日。社長もY田さんもおらず気楽。仕事を切らさないように思い切りゆっくりやるつもりが奥さんが追いかけっこで製品を取りに来るのでサボれず。それでも午後はチンタラ。夜、Hくんを自宅に招待。自家製ラーメンを振る舞う。Hくんけっこう酔っ払って饒舌に。Yさんも満足げ。ああ楽しかった。高級な梅酒もいただいた。自分は友人にだけは恵まれている。件の企業からあらためてメールが届いていて嬉しい。

 今日。やや二日酔い。Yさんを送って帰宅したら急激に腹痛。隊長も悪くなってきて、すわインフルか、と一瞬期待したけれどトイレにしばらくこもったら治ってしまった。なんだ二日酔いか。謝罪とお願いのメールを送る。好天なのでニャゴを洗濯。手のしもやけもだいぶ治ってきた。このまま暖かくなってくれれば。前に職場で材料を落とし、さらに家で転んだ足が少し痛む。

 9日つづき。家で夕食を食べてから外出。桜木町ぴおシティでEくんと会って飲む。気楽な飲み屋で馬刺しなど食べる。10時閉店とのことで出てから二軒目の一軒め。熱燗など飲む。お祝いにスープカップのセットを頂く。

 10日。午後から外出。ハナマサ手羽先を、ふらんす山でケーキを購入。帰ってきて仕込み。Yさんが帰ってからお父さんをお招きして誕生会。自家製ラーメンを振る舞う。ちょっと味が薄かったけれど美味しいと食べてくれた。ケーキも食べる。これは美味い。お父さん少し飲んで赤い顔で帰宅。良かった。いろいろと。

 11日。久々に二人で休日。けれどほとんど家でゴロゴロ。天気もいまいちだったし、自分は就活があったのだ。パソコンにかかりっきりだったのでYさんやや不満げ。ともあれ一日は終わっていった。

 12日。帰りにデパートのヨドバシで証明写真を撮る。夜、履歴書と職務経歴書を書く。間違えずに書けたので遅くならずに床につけた。

 13日。行きの駅前で切手を買ってポストに投函。ホッとひといき。帰りにお父さんから豚汁をいただく。Yさんより本を二冊もらう。

 14日。帰りに酒屋に寄る。おそるおそる入っったのだけれどレジに出てくれたお兄さんが大変に良い方で、酒粕の説明などにこやかにしてくれる。気に入ってしまった。酒粕も上等だったし、この店はまた行こう。ビールも買おう。Yさんよりチョコをもらう。

 15日つまり昨日。仕事はいっとき辞めようと決めていたけれど、こうして自分なりに出来ることだけを自分のペースで続けていくかぎりはとても良い職場だとは思う。まあ金銭的な問題はあるのだけれど。昼間に雪もちらついてとても寒い。指が治らない。

 今日。天気は回復。しかし寒いので午前中からエアコンをつけている。洗濯と掃除。久しぶりに執筆。まだまだ書きたいことがあるのに、何を書けば良いのか分からないという状態でもある。就活も進めよう。前向きに前向きに。音楽も聴きながら。

メモ

 3日。昼から自転車で外出。公園でパン弁当。そしてダイソーへ。防犯用のガラス窓シートやマジックテープを購入。防犯ブザーも欲しかったけれど良いのが見つからず。帰ってきてさっそくシートを貼り付ける。難なく付いた。これでも無いよりマシだろう。転職のことなどしてからバス停へ。

 4日。月曜日。職場のY田さんから週3になるとの話を聞いてシマッタと思う。帰り際に社長と仕事のことについて話す。まあしょうがないものはしょうがないのだが。出足が遅かった。職場を出てから駅前の皮膚科へ。すぐに診察をしてもらったけれど、簡単に見てしもやけのかなり重傷だと言われ、薬を塗ってもらって終了。日ノ出町の駅前の処方箋薬局で塗り薬を購入。おじさんから「山ですか?」などと聞かれる。夜はお父さんからいただいたカレー。たいへん美味。

 5日。Hくん風邪のために早退。Y田さん、指に気を遣って油作業からはずしてくれる。難しいカム作りに取り組んで、一度ボツを食らうがどうにかする。夜、Yさんがドライヤーを使うと焦げ臭い。

 6日。Yさん足が痛くて休み。Hくん風邪で休み。仕事初めて早々に鉄の棒を取り落とした弾みに腕がメガネを直撃。鼻の部分が曲がってしまう。やはり向いてないのだよ。帰りにJINSで直してもらう。昼休憩にはY田さんと仕事の話など。出来て良かった。そして夜、Yさんがドライヤーを使うとまた変な匂い。ふと見たドライヤーを繋いでいるのとは逆の壁にあるコンセントが黒く焦げている。おかしいなと話しつつ再度ドライヤーをつけるとコンセントから火花が。と同時に照明が点滅して、バチッと切れてしまう。停電。懐中電灯を手にブレーカーを確認してみるが上がったままである。困ったなとまずは不動産屋に電話。終業間近だったけれど東電を案内される。東電に電話。一度は点検に来てくれることになるが、再度電話があり、家屋の内部のことは管轄外なので点検するだけになり点検料だけかかることになると言われて点検は取りやめる。電話中にコンセントにプラグを触れたとたん火花が。そして電話を切ってから見ると内部で火がチロチロ燃えている。これはヤバい。一瞬本気で青くなる。見ているうちに火は消えた。仕方がないので大家さんに電話。すると明日来てくれることになる。そうこうするうちに照明は復帰。しかし恐ろしいので消しておく。暗いままに寝る。

 7日。大家さんにはYさんが休んで対応してくれる。結果、コンセントの内部は真っ黒に焼け焦げていたということ。本来分散させておくはずのブレーカーが全室同じところに集約されてしまっているがために電気量が超過してしまったらしいが、それで本来は落ちるはずのブレーカーが落ちなかった原因は分からず。コンセント内部の配線もでたらめだったらしい。それにしても逆のコンセントから発火した原因がよく分からず。ともかく直せる部分は直してもらい、注意することも分かったのは来てもらって良かった。深夜、学生時代の友人であるS田からメール。国立について何度かメールの往還。

 8日つまり昨日。社長とインク作業。仕事について話などもする。今日みたいな作業ならいいんだけどなと思ったりはする。しかし、ロール状になった鉄の材料を足の上に転がしてしまい足を痛める。歩いていてズキズキする。右手の中指も黒い瘡蓋が剥げたものの下の皮膚が再生されておらずとても痛い。夜、お父さんが焼いて持ってきてくれた山賊をいただく。こんなに美味い鶏料理を自分は他に知らない。

 今日。雪。午前中は風呂掃除。右手の指は濡らさないように。ミーツで買ったブラシが壊れる。部屋のオイルヒーターを注意して使わなければならないのでエアコンへの移行を考えて掃除。かなり汚れているが丹念に掃除したらすっかりキレイになった。さっそくつけてみる。まあこんなもんかな。そんなこんなでもうすぐ昼になってしまう。Hくんから今日会う予定のEくんを介してOくんに渡すCDを聴いている。折坂悠太が良い。やっぱり手が冷える。

メモ

 昨日の追記。朝、散髪。バリカンを4cmにしたのだけれど切れたのはほんのちょっぴりだった。でもさっぱり。昼から冷蔵庫の氷除去。気温のせいか夕方になってもかなり残っているのでマイナスドライバーとトンカチで叩き落とす。午前中にYさんの忘れ物届けに行ったついでに書店で本を購入。小説の単行本を買うなんていつ以来だろう。女性作家のコーナーに置かれていたので最初見つけられなかった。(これは昨日すでに書いていた。)午後から夜にかけてあれこれしようと思っていたことがいまいちはかどらず。けれど、少しだけ元気が出てきたようにも感じる。

メモ

 27日。はずしておいたカーテンをやっと洗濯。乾いてから和室に前の部屋で使っていた(一人暮らしを始めた日から使っていた)カーテンを提げ、台所に半分の丈のカーテンを提げる。これでようやくすべての窓にカーテンを取り付けられた。執筆は少し。昼は蕎麦を茹でて弁当箱に詰めて公園へ。スーパーに寄った帰りに自転車のチェンがはずれていて難儀する。午後、転職サイトに登録してある履歴書を書き直す。少し本気でやろうかと思う。なんだかんだで夕方から歩いて横浜へ。Yさんと合流。閉店間近のダイエーへ。買おうと思っていた果物ナイフはあいにく見つからず。キャンドゥで湯豆腐の道具を買ったりする。レコファンにも寄るけれど何も買わず(後から聞いて思い出したけれど初めて一緒に出かけた日にも寄ったのだ。これが最後の訪問となった)。ギョウザなど買って帰宅。手羽先煮に鶏のネギ焼きに鶏ハムにギョウザに。全部食べて寝る。

 28日。職場の電子レンジが壊れたので冷たいまま弁当を食べる。そして寒い。夜は自家製ラーメン。そのあと芥川賞作家二人がテレビ出演している動画を一緒に観る。

 29日。Yさん、仕事中に足を捻ったと。前に挫いたところをまたやったらしい。あまり長引かなければいいのだが。

 30日。Yさん怪我のため休み。仕事終わりにHくんと飲む。自分の仕事の相談。今後どうするか、悩みを聞いてもらう。Hくんとしては辞めてほしくないという意見は少し意外であった。他にもいろいろな話。飲みにいけて話せて良かった。お互いに満足な夜だった。帰宅して少しだけ焼酎を飲んで寝る。

 31日。仕事はHくんの手伝いなど。しもやけが痒くて初めて仕事に差し障りを感じるほど。帰りは雨。それでも日ノ出町まわりで帰る。

 1日つまり昨日。手指のしもやけがひどい。仕事をしていて気になる。本当に辛いレベルになってきた。両親指の先が痛いのも苦になる。夜、先月手作りした指輪が届く。この日をYさんものすごく楽しみにしていたのである。開けてみるとあの指輪。良い。やっぱりあの店に作りに行って正解だった。Yさん嬉しそう。良かった。指がしもやけで膨れているせいでいったんはめるとはずすのにおおいに苦労する。慣れていこう。最近は寝る前に少しずつ書くようにしている。

 今日。Yさん、弁当は作らなくて良いと言う。送ってから洗濯に掃除。そしてYさんが忘れていった大学いもを届けに自転車で向かう。ちょうど良い時間で無事に渡すことが出来た。欲しかった本も買った。スーパーなどに寄ってから帰宅。昼はチャーハン。コーヒーを淹れて飲みながら執筆などするつもり。あと仕事のノートもまとめようと思っている。そろそろ各種住所変更もしなければ。パソコン用のイコライザーソフトを入れてみたけれどいまいちである。そろそろ実家から荷物が届くはずである。

 20日。洗濯をして、さて執筆に取りかかろうかと思ったけれど、どうにも気が乗らない。ということで早めに昼食をとって外出。朝、別に買う物が決まっていたら一人で行ってもいいよねという話をしていたのでIKEAへ。横浜駅まで自転車で行くとIKEAに着くまで一時間くらい。が、ものすごく混んでいる。休日はこんなこのなのか。買うことになっていた照明と鏡だけ買って(あとMサイズのバッグ)(鏡はどちらにしようかすごく迷ってけっきょく高い方にした。)早々に退散。帰ってきて照明を取り出してみると、なんと思っていたのと違うシェードを買ってきてしまった。しょうがないので取り付ける。(元の部分を居間の物と取り換える。)電球も思ってたのよりずいぶん暗い。まあいいかと諦める。Yさんが帰ってきて鏡を見るやこれじゃないと言う。それは知ったうえで敢えて高い方を買ったのだが、裏目に出てしまった。しかたがないのでこれも諦める。Yさん、夕食の後にセブンで買ったチョコを食べ過ぎる。

 21日。新しい仕事をいろいろ教わって挫けそうになる。

 22日。初めて弁当の鶏肉を電子レンジで調理。時間は空くしフライパンは広く使えるしで良いことずくめ。活用しよう。帰りに社長と話す。しばらくはパート契約らしく考えてしまう。

 23日。新しい仕事をどんどん教わる。自分なりにノートをまとめたい。いろいろな意味で。

 24日。帰りは日ノ出町まで乗ってこちらのスーパーに寄る。前の職場で一緒だったO崎さんと遭遇。話す。勝手にあれこれ心配していたのだけれど声をかけて良かった。夜は牛の焼肉。Yさん、飲んで足のマッサージをしたら口を開けたまま即寝。

 25日つまり昨日。終日社長の後ろで仕事。初めての作業で集中していたら一日が早く終わった。給与明細を見ていっそう仕事どうしようかと考える。帰りに急いで歩いて大学いもを買う

 今日。目覚ましが鳴らずに通常より20分くらい遅く起きる。自分は朝食もとらずに慌てて朝の支度。Yさんバスには間に合う。家についてから洗濯二回と掃除、部屋の換気。そんなことしていたらあっという間に昼。やりたいことはあるのだけれど時間が無い。なぜだろう。毎日早く寝すぎだろうか。それとも根本的な気力の問題か。昼は公園まで行ってスパゲティー弁当。帰りにまた大学いもを買う。午後は書き物などを進めたい。しかし、どれほど出来るだろうか。

カーテンとテーブル

 13日。パジャマなどを洗濯。執筆は少しだけ。前日の晩に自作を公開したのだけれど、一日経ってみてもそれほどの閲覧は無し。

 14日。二人の休日が重なるのはこの日以降しばらく無いかもしれない。洗濯をしてからYさんと桜木町まで。しかし、野毛坂を下り始めたあたりで自分がつい本音のようなことを口に出してしまいYさん黙ってしまう。機嫌を損ねたわけではないようだけれど終始晴れない表情。小さなことだけれどまたこんなことになってしまった。それでもニトリまで歩いて二人でカーテンを選ぶ。バスで帰宅する。さっそくカーテンを吊すとこれが良い感じ。Yさんも満足。なんだかんだで機嫌を取り戻す。どうやら心身の調子が悪いのには理由があるのかも知れないとも。その理由はまだはっきりしない。自分もまた悩んでしまう。

 15日。Yさん有休。弁当にアジフライなど入れてくれる。帰宅するとリンゴケーキを炊飯器で作ってくれてある。食べてみるとズッシリ。まあこれはこれでまずくはないのだが。そして自分の小説を一作だけ読んでくれたらしい。なかなか好印象だったようだ。

 16日。職場でHくんからエプロンのお下がりをいただく。Yさん、かねてより懸案だった出勤日数の話を上司と出来たらしくホッと一息。

 17日。帰宅途中でお父さんと待ち合わせてけんちん汁をいただく。世話になりっぱなしだ。夜はスマホの写真などをパソコンにコピーする作業など。

 18日つまり昨日。初の金曜出勤。職場ではほとんど一人で作業。やるべき任務は朝一で終わらせたのであとは気楽。仕事さえ覚えてしまえばこういうのも良いかもしれない。僅かなミスはあったけれど難なく終える。Hくんと飲みに行こうかと少しだけ思っていたけれどけっきょく行かずに帰宅。あおき書店で久しぶりに文芸誌を買う。最初に読んだ村田沙耶香の短編がなかなかだった。

 今日。好天。Yさんを送ってから部屋の換気をしつつ洗濯と掃除。洗濯機から水が漏れている疑惑があり床を拭いたり、和室に掃除機をかけたり。クッションやぬいぐるみも天日干し。それが済んだらコーヒーを淹れて、久しぶりにヘッドフォンを着けて音楽を聴く。すこしは元気になったかしら。あれこれしてたらもうすぐ正午。家事はちっとも大変だとは思わないけれど時間が取られる。それでもしなければ余計に気が滅入るだろう。執筆に励みたい。そのためのインプットも増やしていきたい。そろそろね。

 追記。午後。公園で弁当を食べてから伊勢佐木町へ。本を買おうと思ったけど止めてダイソーで木目調のリメイクシートを買う。帰って来てテーブルの天板に貼る。なかなかの出来映え。これは良いぞ。