メモ

 昨日。遅番明けにMさんと会う。先日に続いてMさん浴衣。共に縁日に向かうけれども、縁日がどういうわけかとにかく小規模でぐるっと回って退散。もう一つの予定だった串揚げ屋へ入店。清潔で料理もとても美味しくて安く、めちゃくちゃイケメンの店員さんもいて、個人的にはかなり好印象。初めて赤ホッピーも飲む。が、店を出た後にMさん、あそこは店員さんも客もみんなゲイの人なんじゃないかと言う。言われてみれば客は自分たち以外全員おっさんで、みな顔見知りのようだった。それはそれでいいのだけれど、そこにまったく気づかなかった自分にショック、そしてMさん気まずかったのではないかとやや後悔。帰宅して少しだけ飲んで寝る。
 今日。Mさんのぐずぐず病も手伝って昼過ぎまでとにかくぐずぐずする。ダウンタウンや宝塚のYoutubeを観たり。チョコのペヤングや辛いラーメンを食べる。Mさんにぐずぐずにも慣れてはきたけれど、やはり焦れる。三時近くなってようやく外へ。みなとみらいへ。赤レンガの縁日がとてもしょぼくて、海沿いを歩いて大さん橋。初めて足を踏み入れた「象の背中」はたいへんに心地よい場所だった。さらに歩いて中華街へ。するとなにやら盛大にお祭りをしている(「関帝誕」というらしい)。とても中国らしい雰囲気のパレードに炸裂する爆竹。偶然とても良い物を見た。が、関係ないのだが、ポケットに旗を差したどうみてもやばい日本人が背後にいて、その男が気になって仕方がなかった。ああいうのがいるのは分かるにしろ、どうにも困ったものであると感じてしまう。歩いて関内へ。途中、スタジアムから花火が上がり、大きな蛙が横切る。一軒めで軽く飲んで、バスのある時間に別れる。ああ、よく歩いたな。Mさんといるのは悪くはないのだけれど、とにかく時間が。自分には他にやるべきことがあると思ってしまう、時間のやりくりが出来ない自分が悪いのだろうか。睡眠を削りたくはないし、さて、どうするかだ。