YouTubeでクラムボンばかり聴いている

 10日、昼食後財布の中身が0円になる。そんで今日、家にあるアルコールが0になる。栗原裕一郎の『〈盗作〉の文学史』(Amazonではこの表記だけど正確には『<盗作>の文学史』)をようやく読み終える。一番最後の章はほとんど惰性で読んだけれど、身銭を切って買った甲斐のある一冊。